ネコ 水 ドクターにゃんすい

ネコのためだけの水@【ドクターにゃんすい 】

ネコ専用 高濃度水素水Dr.にゃんすい

こちらではネコに多い病気予防のため

ネコのためだけにつくられた水素水・ドクターにゃん水をご案内しています。

 

ネコも人間と同様に高齢になるとよりいっそうノドの渇きを覚えにくくなるといいます
そうすれば腎臓関係の病気のリスクがますます高まります

 

 

ネコの慢性腎不全

 

 

慢性腎不全はシニアネコのほぼ半数が罹患しています。

 

腎臓は、流れ込んできた老廃物などを含む血液をろ過して
その余分な水分や老廃物を除去し、きれいな血液にして体内へ戻す役割が基本的。

 

(ネコの腎臓にはネフロンと呼ばれる組織が約20万個・ちなみにヒトは片方の腎臓だけで100万個あります)

 

 

腎臓病が進行すると慢性腎不全に至り、水をよく飲む、オシッコの回数が増える
嘔吐、体重減少、便秘、下痢などの症状が見られます。

 

 

慢性腎不全は進行性の病気で次第に老廃物の排出ができなくなるため
尿毒症など死に至る症状に陥ることがあり、注意が必要です。

 

また、この病気の恐ろしいところは、ネフロンは加齢とともになくなってしまいますが、
3割ぐらい なくなっても症状がでませんので 潜在的に腎臓の機能低下が進行してしまうということです。

 

 

ネコは1日に150mlから200ml程度の水分が必要とされます。

 

ネコ独特のこれらの病気予防、病気予防のための毎日の水分補給は欠かせません!
この水分補給がままならないとネコも人間と同じ室内での熱中症も充分考えられますよね。

 

 

わたしたち人間がネコに「水を飲んでほしい!!」と思っても
ネコ様は、なかなか水を飲もうとしてくれない、こちら側の意図を忖度などするはずもありません!

 

同時にこれが猫のいいとこ ネコのDNAが受け付けないんですよね。

 

 

こんな時は缶詰などのウェットフードを与えるようにすると

ドライフードだけを与えている場合と比較すると8倍もの水分を摂取することができますので
少し安心してくださいませ。

 

 

水の入った容器を複数置くなどの水を飲みやすいような工夫をすることで
腎臓に掛かる負担を減らすことができますし、腎臓病や尿路結石の予防に効果があります。

 

 

ネコの尿結石、尿路結石

 

 

 

尿結石、尿路結石とは

 

腎臓〜尿管〜膀胱〜尿道のどこかに結石ができる病気です。

 

(アルカリ性でできるストラバイト結石or酸性でできるシュウ酸カルシウム結石)その結石によって起こる膀胱炎
ストラバイト結石、カルシウム結石というネーミングからもわかるように

 

ネコにとってはカルシウム、マグネシウムというミネラル含有量も気になります。
シニア猫ちゃんにはマグネシウムを抑えたごはん、それにミネラル0の
「にゃん水」はうってつけではないでしょうか

 

 

 

症状として...
・おしっこに血が混じっている
・トイレに行く回数が増えた(しかし量が少ない)
・結石が尿道を圧迫している可能性も。

 

 

 

運動不足、偏食、ご飯をあげすぎの肥満気味の猫にも尿路結石の原因と考えられていますので要注意です。
キャットタワーなどネコの上下運動は本能的にも有効ですし、さらには筋力維持にもつながります。

 

 

 

これまた猫も人間と同じく、水・タンパク質・炭水化物・脂肪・ミネラル・ビタミン

という6大栄養素がないと生きていけません。

 

 

脂肪がたっぷりの おデブのネコは脂肪の中に水分を蓄えることができないから
こちらも心配ですよね。

 

 

水がなければ人間もネコも生き物は生存できません
猛暑日が続くときはしっかり水分補給して血液をサラサラにして循環を良くして

 

排尿することで体温調節を行います。

 

10241

 

 

 

ネコの膀胱炎

 

ネコの祖先はリビアネコ、砂漠という水のないところですから最小限の水分摂取で
腎臓で尿を凝縮することを繰り返し、ネコは体内から排出する水分が少なくなるように進化を遂げてきました。

 

 

 

ネコにこのように泌尿器系の病気が多いのは
ねこのネコとしての進化の過程からきているということなんですね。

 

 

 

そしてこの泌尿器系の病気は♀より♂に多く、尿道口を頻繁にペロペロしていたら注意が必要でしょう!
クリニックへ相談することも考えましょう。

 

 

膀胱はオシッコの貯蔵タンクです、それが満タンになってオシッコが出ないとなるとその痛みは計り知れないだろうと思います。
膀胱炎は読んで字のごとし、膀胱が炎症を起こしてオシッコが出ないわけですから心配です。

 

 

 

ネコの水とわたしの治療方針

 

 

中野クリニックの鈴木朝久先生(NHK「あさイチ」)は、こう おっしゃいます

「私は病院での治療は痛みやストレスを与える治療は無理に行うものではないと、考えます!」と。

 

 

だからこそ毎日の食事と同様に腎臓病や泌尿器系の病気になりやすい猫のために
猫のためだけにつくられたお水がまだ存在していないから、との理由でドクター・にゃんすいは誕生しました。

 

 

ペットというカテゴリーではありません 「家族」 となってしまったネコたちのための飲料水です。

 

 

わたしたち人間がサプリという健康補助食品を摂っているように
毎日のネコ専用の飲料水として継続することで徐々に効果を実感できるようになるでしょう。

 

 

 

ネコの水&ネコの祖先とDNA

 

ネコの祖先をたどるとリビアネコ、砂漠というキーワードにたどり着きます。

 

リビア(北アフリカ・カダフィ大佐で有名)の砂漠ですから原油はあっても水はありません!
最小限の水分摂取で、腎臓で尿を凝縮することを繰り返し
ネコは体内から排出する水分が少なくなるように進化を遂げてきました。

 

 

ネコ様は、水道の蛇口からポタポタ落ちる水が好きな子や
その蛇口からポタポタ落ちる水滴を肉球に付けて水を舐めるネコ様

 

 

@ネコのために用意した水入れからはあまり飲んでくれません。
(こんなところも私はこっちの意を汲んでくれないところがネコ様らしくて好きなんですけどね!)

 

 

 

ネコ専用水 ドクター・にゃんすい与え方

 

 

蛇口からポタポタ落ちる水滴、を意識してスポイトを使ってネコ様との遊び感覚をもって飲んでいただくのも手かな?
と思います。

 

ネコは、DNA上 腎臓で尿が凝縮されるため、ストルバイトやシュウ酸カルシウムなどの結石(尿結石)ができやすくなります。
さらに水分摂取量が少ない場合には、腎不全の可能性、腎臓病や糖尿病、肝炎や猫白血病ウイルス感染症などの病気の可能性も考えられます。

 

 

「Dr.にゃん水」の水素水は腎臓に負担をかけないためにミネラル0となっています。

 

・タンパク質

・ナトリウム
・カルシウム
・マグネシウム
・カリウムすべて0

 

 

「ドクター・にゃんすい」は、ネコに負担をかけません

 

 

 

ですから人間のために開発されたミネラルたっぷりのミネラルウォーターは
ネコ様にとっては病気の原因を作ってしまうことになるんですね。

 

 

 

ネコのためだけにつくられた飲料水・Dr.にゃんすい

Dr.にゃんすい
10239

ドクターにゃんすいの特徴

・腎臓病や泌尿器系の病気にも負担がかからないミネラル0
・ホタルが生息するほどきれいでおいしい広島県竹原市の天然水を使用
・獣医からの推薦が来るほどの安全性

 

・病気を引き起こす原因になるといわれる活性酵素に対抗する水素を1.7ppm含有
・4重構造アルミパウチを採用することで150日間しっかりと水素を逃がさない

 

・飲まなかったときのための安心の返金保障
・業界初「高い品質」を保ちながらもペット用の水素水「最安値」を実現

 

・送料無料・継続でドンドン値引きなど超お得な6大特典付き

価格 容量 特典
通常価格・9.200円 200ml/20本入り お試し10本¥2.841

 

 

ネコの水と ねこの糖尿病

 

 

人間の糖尿病の存在は知っていますが、ネコ様にもその兆候
そしてそれが実際に発生しているということなんですね。

 

 

糖尿病とは、インスリンの作用が十分でないためブドウ糖が有効に使われずに、
血糖値が高くなっている状態のことです。
放置すると全身にさまざまな影響が出てきます。

 

糖尿病は、その原因により4つのタイプに分けられます。

 

インスリンを作る膵臓の細胞が何らかの原因でこわされることで、インスリンが作られなくなり、糖尿病になります。

 

 

 

その糖尿病の種類には1型、2型の2種類あるそうですが
ネコ様はこの2型糖尿病に近いと考えられているそうです。

 

 

 

そして犬よりもネコの方が糖尿病になりやすいそうです。
そもそもネコは正真正銘の肉食動物ですからね!

 

 

さらにそのご先祖はあのカダフィ大佐のいた北アフリカのリビアといいますから
糖尿病が考えられないことはないと思いました。

 

 

 

水のない砂漠で水分摂取も最小限で済むように進化を遂げてきたネコ様
猫も人類と同じく、水・タンパク質・炭水化物・脂肪・ミネラル・ビタミンという6大栄養素がないと生きていけません。

 

 

水がなければ生き物は生存できません。

 

 

ネコは寒さにも弱いですが、暑さもやっぱり苦手のようです。
人間も暑いときは血液がドロドロにならないように水分を補給して
血液を循環させ排尿して体温調節しています。

 

 

ネコ様だって同じこと、糖尿病といえば、食べ過ぎや運動不足、肥満 というキーワードが浮かびます。

 

 

ネコは運動なんかしません、するはずもありません
それらしきものといえば「玉をとる」

 

そのほかに人間にちょっかいを出す、水平移動より垂直移動が好き、部屋の中で生活する現代のネコ様はキャットタワーが関の山でしょう。

 

 

人間の側が食生活に充分な配慮を心がけておかなければならないということですね。

 

 

 

ネコの療養食、おやつ、毎日のご飯に感心あっても
水はどうなんでしょうか??

 

自宅でできるネコの健康管理のひとつとして

 

細胞を酸化させる活性酸素(老化や病気を引き起こす原因になる・ヒドロキシラジカル)
に対抗する抗酸化物質としての水素水、最近多いアレルギーの子にもおススメです。

 

 

「ドクターにゃん水」は不純物を含まない水に水素を溶かした強い抗酸化力をもった水です。

 

 

 

NECOlumn

 

 

 

「猫には水道水は沸騰させてカルキを飛ばしてから冷ましてあげます」
という飼い主さんもいらっしゃいます。

 

水道の蛇口に口を近づけてあのザラリとした舌で水分補給する子もいます。

 

 

 

お風呂に水を飲みにくる子もいます、わが国では水道水でネコは全然かまわないと思います。
それくらいわが国の水道事情は世界でも群を抜くほどの高品質といっていいはずです。

 

 

あのネコのちっちゃな鼻でもカルキ臭がバッドな子もいます。
ネコのご先祖様はリビア、リビアといえば北アフリカの灼熱の大地、砂漠、カダフィ大佐が思い浮かびます。
そんなDNAを持つネコは世界各地に!そしてその子孫をつないできました。

 

 

 

猫は犬のようにガブガブ水を飲みません、大和なでしこのようにお上品でオシャレ!
最小限の水分量で生き延びるDNAを持っているのですね。

 

 

マグネシウム、カルシウムといったミネラル成分の比率が高い
いわば硬水と呼ばれるものはネコにとってはあまりよろしくないようで

 

日本の水道水の軟水であればネコには問題ないということになります。

 

 

 

腎臓で尿を凝縮するというネコは体内から排出する水分が少なくなるように進化を遂げてきました。
(水分摂取量が少ない場合には、腎不全の可能性、腎臓病や糖尿病、肝炎や猫白血病ウイルス感染症などの病気の可能性も考えられます。)

 

 

 

しかし水分を摂らなければ血液はドロドロ、人間も一緒で身体にいいはずもありません
人間のために開発されたミネラルたっぷりのミネラルウォーターはネコ様にとっては彼ら特有の病気の原因を作ってしまうことになるんですね。

 

 

ネコに多い腎臓系の病気を未然に防ぐためにもネコに対して私たちが特別なことをするわけでなく
できることは何かを考えてみてもいいと思うんです。

 

 

特別なことをするのではなく毎日の水分補給を
活性酸素に対抗する水素水に置き換えてあげるという家族に対する優しさのご提案でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしたち人間がサプリという健康補助食品を摂っているように、
毎日のネコ専用の飲料水として継続することで徐々に効果を実感できるようになるでしょう。

 

 

 

ホーム RSS購読